グランドパワー 2017年1月号別冊
ドイツ軽戦車 Vol.2[II号戦車/派生型]




■II号戦車の開発
第1次大戦後のベルサイユ条約下において、秘匿名「小型トラクター」として秘密で開発していた状況から、La.S.100シリーズ1の車台として選定となったII号戦車の開発開始までを解説。2ページ。

■II号戦車a型
a1型、a2型、a3型に区分している各型の相違部分とともに、全般的に車体を車台、上部構造、砲塔に区分して細部を解説。8ページ。

■II号戦車b型
基本的にa型に準じているb型だが、細部の改良部分を解説。5ページ。

■II号戦車c型
b型との大きな変更部分である、強化型エンジンと独立懸架方式サスペンションを解説。2ページ。

■II号戦車A型
本格的生産型であるA型を、c型との大きな変更点であるトルク向上型の変速機とともに解説。1.5ページ。

■II号戦車B型
基本的にA型と同じ仕様だが、生産中に各種の改良が行なわれた。その改良点を解説。1.5ページ。

■II号戦車C型
B型後期生産車とほとんど同じ使用だが、一部の相違点が存在する。その相違点とII号戦車c型からC型までの車体の変遷、II号戦車全般の部隊配備状況を解説。4ページ。

■II号戦車A型~C型写真集
ノルウェー戦、ポーランド戦、フランス戦、北アフリカ戦、バルバロッサ戦の戦場でのII号戦車を写真63枚で紹介。26ページ。

■II号戦車D型/E型
以前II号戦車から砲塔と武装のみを流用して、大部分が新設計となったD/E型の構造と生産及び部隊配備状況を解説。4ページ。

■II号戦車F型
F型はIII号戦車の生産が遅れたのが原因で生産を開始した。そのF型の構造、生産状況、生産中の変更部分を解説。後半はF型の写真を収録。8ページ。

■新型II号戦車G型/H型 新型II号偵察戦車M型
G型は、VK9.01とVK9.02及び先行生産車Oシリーズとともに、車体構造と部隊配備について解説。M型はVK9.03とともに、武装、車体構造、性能等を解説。M型はVK9.03の発展型であり実態は不明点が多い車体であるが、少ない事実を基に解説。4ページ。

■II号偵察戦車ルクス
新世代II号戦車中で唯一の制式化した車体であるルクスの開発過程、車台、走行装置と機関室、上部構造、砲塔と武装、生産状況、生産中の変更部分、部隊配備状況をイラストと図面とともに解説。後半はルクスの写真を収録。12ページ。

■新型II号戦車J型
新型強化II号戦車VK16.01として開発したJ型を解説。装甲、エンジン、走行装置、無線装置、砲塔と武装等とともに部隊配備状況も解説。2ページ。

■派生型/火焔放射戦車
II号戦車D型を基本車体としたA型とJ型を基本車体としたB型を解説。戦車大隊(火焔)の編成と戦歴も収録。8ページ。

■派生型/浮航戦車他
日除け装着車、架橋戦車、浮航戦車、ディーゼル・エンジン搭載車を解説。6ページ。

この別冊は、グランドパワー2011年6月号に収録していた「ドイツII号戦車シリーズ」とグランドパワー2011年9月号に収録していた「ドイツII号戦車の派生型」を再編集したものです。


判型:A4 総ページ:96 書店発売:2016年12月13日発売

                定価2,270円(税込)