グランドパワー 2018年2月号別冊
ソ連軍陸戦兵器集


第2次大戦中にソ連軍が装備した歩兵用兵器から火砲を網羅した貴重な別冊。写真と多数のイラストとともに詳しく解説。ソ連軍の軍装についての資料となる別冊。

■拳銃/短機関銃
拳銃は、ナガン、トカレフ、コロビン、ラコフ等を解説。短機関銃は、デグレチャフPPD、シュパーギンPPSh、スダエフPPSを中心に解説。16ページ。

■小銃/騎銃
モシン・ナガン小銃の各型、各種の狙撃銃、トカレフやシモノフ等の自動装填式小銃を解説。16ページ。

■機関銃
マキシム重機関銃を中心に解説。18ページ。

■手榴弾/火焔放射器
各種手榴弾と火炎放射器の各型をイラストとともに解説。6ページ。

■迫撃砲
50mm軽迫撃砲、82cm中迫撃砲、107mm山岳迫撃砲、120mm重迫撃砲を解説。8ページ。

■対戦車兵器
デグレチャフとシモノフ等の14.5cm対戦車銃、45mm M1937や57mm M1943等を解説。16ページ。

■対空砲
37mm M1939、76.2cm M1931、85mm M1939を中心に解説。9ページ。

■歩兵砲/山砲
76.2mm歩兵砲M1927、76.2mm山砲M1936等を中心に解説。3ページ。

■野砲
76.2mm野砲M1936、76.2mm野砲M1939、76.2mm野砲M1942を中心の解説。10ページ。

■重砲
10~12cm級カノン砲、15cm級榴弾砲、20cm級以上の重砲を解説。16ページ。

■野戦ロケット
30cm多連装ロケット砲を塔載した自走砲型、132mm多連装ロケット砲を塔載したBM-13-16を中心に解説。8ページ。

この別冊は、グランドパワー2007年1月号別冊「ソ連軍陸戦兵器」の記事を再編集したものです。





判型:A4 総ページ:128 書店発売:2018年1月26日発売

                定価2,700円(税込)