グランドパワー 2016年4月号
KV IIの開発と構造



■KV IIの開発と構造
 第2次大戦中にソ連が開発した重戦車KV IIの開発から試験、車体各部の構造、生産中の変更点、教育訓練、部隊配備、戦闘記録等を解説。日本でのKV IIの決定版資料と言える特集。ドイツ軍侵攻時のソ連軍の対応状況や戦車部隊の教育訓練の状況も詳細に解説。ソ連軍戦車ファン必読の特集。カラー1ページを含めて計101ページ。

■マニュアルで見るM24軽戦車その10
 車体内部の無線機関連装置を中心に8ページ収録。

■ソ連軍軽戦車の系譜(17)水陸両用戦車追補編
 「水陸両用戦車(8)」の追補としてT-37AとT-38を収録。バルバロッサ戦前のソ連戦車部隊とT-37A/T-38A、独ソ開戦と大戦終結までのT-37A/T-38、外国で使用されたT-37A/T-38を解説。14ページ。

■巻頭カラーページ
 平成27年度第2師団第26普通科連隊中隊検閲(本年1月27~30日実施)を9ページ、第57回旭川雪まつりを支援する第2師団部隊を2ページ。スウェーデン・アーセナル戦車博物館(1)を4ページ。ロシア中央軍事博物館のKV IIを1ページ。巻頭カラーは計16ページ。


判型:B5 総ページ:144 書店発売:2016年2月27日発売

                定価2,420円(税込)